JALマイル修行は今すぐ辞めたほうがいい3つの理由

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マイル修行で航空会社のステータスをゲットしたい

その気持ちはわかります。

ノンステータスのときに、手荷物レーンで、

タグの付いた優先手荷物が先に出てくるシーン。

あれを見ると、羨ましくなったりするんですよね。

でも、ちょっとまってください。

そんなサービスは、元々、ファーストクラスや

ビジネスクラスで存在していたもの。

それを他頻度のお客様にも、開放したのが

ステータスランクというもの。

かけるお金と時間を考えたら、コスパが悪すぎます。

理由①費用と時間がかかりすぎる

 ステータスをゲットすると、なにか特別な地位や

ランク付けがされそうなイメージがあるじゃないですか。

でも実際は、そんなステータスはうじゃうじゃいて、

特別といっても、それが何人もいたら、特別じゃなくなる

わけです。

例えば、JALの場合、マイレージバンクの最高位は

JMBダイヤモンドですが、

「上質で快適なご旅行」ってなんですかね。

✅ラウンジが使えること?
✅手荷物が先に出てくること?
✅インボラで搭乗クラスがアップグレードされること?

修行に費やした時間と天秤にかけてください。

仮に、ダイヤモンドを目指すとすれば、

達成基準は、

●毎年の1月~12月の12カ月間(暦年)で100,000FLY ON ポイント(うちJALグループ便50,000FLY ON ポイント)以上
●または120回(うちJALグループ便60回)以上かつ35,000FLY ON ポイント以上

東京⇔大阪の往復で120回達成を目指すとしましょう。

先得で手配しても、片道は早朝で9,750円から夜では14,650円

昼間の13,450円で計算してみましょうか。

(片道)13,450円×120回=1,614,000円

ね。あの上空でシャワーが浴びれる

エミレーツ航空のファーストクラスに

往復乗れる(しかも送迎ハイヤー付き)

片道70分に搭乗前20分として、片道90分かかるものとしたら

10,800分(180時間)を費やすことに

これで、ステータスを得て、

✅手荷物が3分~5分早く出てくる
✅ラウンジでタダ飯が食べられる
✅優先搭乗で3分ぐらい早く乗れる

ことのメリットは果たして経済的にも時間的にも

あるんでしょうか。

理由②ステータスがあっても変わらない

何か特別なサービスがあると思うじゃないですか。

実際は何もない(笑)

ほんと、何もない。

✔️JMBダイヤモンド三年目

✔️JGCプラチナ

✔️亀タグ緑

亀タグも効果なし

ですが、ほんとなにか変わったかといえば、普通にサファイア以上からと大差ない。

インボラもない(笑)

本気で一度もない

JALに嫌われてるのかと思うぐらいない(笑)

機内挨拶?そんなものない

キャセイパシフィック航空に乗ったときは、

ワンワールドエメラルドなので、

チーフが挨拶くるが、それってメリットですかね。

意味ないです(笑)

チェックインカウンターも大差ない

確かに、マイル加算率が変わったりしますが、

それも回数なければメリットはない。

コールセンターも専用番号ありますが、

ネット時代にそうそう電話なんかしませんよ

普通席やエコノミーなら、

そのまんま。

最近は、座席管理ができていて、

アップグレードもオークション形式なので、

インボラ率もかなり低い。

一部の法人会員様と多頻度の口うるさい

お客様が優遇されてるだけ。

一般ピープルには、ステータスなんて、

航空会社に貢がせるいい鴨にすぎません。

だから、悪いことはいわない。

修行のお金があるなら、

行きたいところに、ビジネスクラス以上で行きなさい

そのほうが、はるかに上質で快適な旅ができます。

理由③ステータス増えすぎて、ラウンジも優先搭乗も便利じゃない

いま、JALのラウンジはどうなってると思います?

✔️ラウンジは、早朝から劇混み
✔️ダイヤモンドラウンジは、ファミレスビュッフェ状態
✔️羽田のファーストラウンジ保安検査は長蛇の列
✔️チェックインカウンターも相談で待たされる
✔️優先搭乗も人数いすぎ!

こんなに優先者が溢れたら、

優先の意味がありません。

昔はJGC(JALGlobalClub)が増えすぎ言われましたが、

FOPキャンペーンや、

ネットで修行方法が簡単に拡散するので、

数が増えすぎました。

もはや、努力では無理なJMBメタルやVIPでない限り

優先扱いはないと思っていい。

国際線になればもっと顕著です。

ファーストクラスラウンジも、

JALカレーを食べ放題焼き肉のように食べてる

メタボなおじさまや

タダ酒で飲み過ぎて大騒ぎしながら、

到着したら、どんな風俗行こうかニヤニヤしてる

おじさまグループ。

全身ブランドロゴなジャージで

回りをはしゃくこども連れ親子。

この空間に、上質な旅なんぞありません。

深夜フライトで、機内食控えたり、

ラウンジのフードもフルーツ程度で、

機内は寝るなら、飛行機は移動手段に

すぎません。

なら、LCCのシートピッチ広め席で

いんじゃないか?

と思ったり。

改めて、お金と時間が適切か

再考してほしいと思います。

それでも、ステータスが

効果的と思うのは、次の人たちです。

✔️修行問わず年間乗る回数がある→一分でもはやく

✔️仕入れで海外に行く→手荷物容量は魅力

✔️九州・沖縄や札幌にいくときが多い→遅延、欠航時の対応を優先させたい

それ以外は、修行よりも

「普通運賃」や「ビジネスクラス」に

お金をかけたほうがいい。

いまや、世界の航空業界は、

マイルステータスより、年間利用金額で、

優遇や優先をしていく時代。

JALやANAは、

年間300万円以上からスタートし、

年間500万円以上の利用がないと、

優先サービスは提供されていません。

お金は大事にしましょ。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアしてくれたらうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

本業はマーケティングと事業再生(赤字立て直し)、新規事業立ち上げの仕事をしつつ、兼業でコピーライターをしています。これまでの数々の失敗と間違いを反省し、同じ過ちをしないように、自分への戒めを込めて、ブログを綴ります。