亀タグになって、JGCとJMBダイヤモンドのどっちがよいか比較してみた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

修行僧の皆さま、今日もご搭乗ありがとうございます。

赤組(JAL)でしたらご存知のJMBサフャイヤからね

JGC(JAL Global Club)に加入を目指して

いると思いますが、どんなサービスがあるのか

興味深いことと思います。

JGC加入のメリットはラウンジだけか?

マイル修行の後に、真っ先に思い浮かべるのは、

✅ラウンジの利用

だったりするんじゃないでしょうか。

あの秘密の扉の奥に、VIP待遇のような優越感に

浸れるラウンジで、ビール飲み放題‼️

なんて、おじさまの発想は、ぜんぜんスマートじゃ

ありません。

確かに、ドリンクは飲めますが、

コカ・コーラのサーバーでいれる飲み物。

タダより高いものはないといいますが、

ファミレスのドリンクバーに興奮してるようでは、

多額のお金を費やして、ラウンジ入室を手にしても

そのために、出発よりはるか前にラウンジに行くなんて

時間がもったいない。

それよりも、やはり、ステータスがありがたい

のは、

✅JGCチェックインカウンターでちょっと列が短い
✅優先セキュリティレーン
✅優先搭乗→荷物入れ確保

あたりが、出張や旅の一番のメリットの

ような気がします。

国際線搭乗時は、ビジネスクラスカウンターが

使えたりしますが、世の中は

「チェックイン無人化」に向けた流れですから、

あらかじめ、スマホでチェックイン→そのまま搭乗

すれば、時短になりますし、

預入手荷物も、省力化の流れですから、

会員ステータスのメリットは、

費用対効果を考えても、低下し続けることに

なるでしょう。

実際、サフャイヤやJGCホルダーはたくさんいて、

混雑時には,羽田のセキュリティレーンは、

ファーストクラスレーン>JGC>一般レーン

の順に混んでいることもあり、

本末転倒だなと思います。

そんなときは、さっと一般レーンから通過して

しまえばいいんです。

人間の見栄とこだわりは、

時に損していることさえ分からなくさせる

恐ろしいものだなと思います。

JMBダイヤモンドは、15列指定がメリットか?

一応、JMBの最上位(メタルやVIPは除く)は、

ダイヤモンドとなっていますが、

羽田や伊丹、札幌、那覇以外なら、

ファーストクラスラウンジもなければ、

ファーストクラスレーンもない。

その他空港への出張属には、

メリットは少ない。

国内出張は、手荷物預けないし、

優先搭乗もサフャイヤ以上と同じ。

マイルがたまりやすいなんてありますが、

正直実感はあまりなく…。

海外出張時に、ダイヤモンドは,

ワンワールドのエメラルドステータスなんで、

この時が、メリット実感しやすいですかね。

キャセイパシフィック航空の香港にある

ファーストクラスラウンジが使えて、

ご飯は個人的には一番おいしい。

カバナというお風呂もあるし、

すっきりしてから、飛行機乗れるのは

疲労感が違います。

あと、キャセイパシフィック航空だと

エメラルドステータスだと、チーフが

挨拶にやってきます。

ただ、それだけですが(笑)

たまに、エビアンをくれたりしますし、

機内食がエコノミー搭乗でも、

いの一番に持ってきてくれたりして、

回りのエコノミー客からは、

なんだあいつは?という冷たい視線を

浴びることがありますが、

あったりなかったりのサービスなので、

正直なんで行われているかは、

不明です。

で、メリットといえば、やっぱり座席指定でしょう。

ダイナミックパッケージでも、

15列目が指定可能になる。

普通席の一番前ですね。

ただ、同じ便に、同じステータス(JGCプレミア以上)

がいらっしゃれば、埋っていきますから、

隣席ブロックは、いまやステータス会員が増えすぎて

なくなっているといっていいでしょう。

そのぐらいしかメリットないんですよ。

正直。だったら、行きたい旅行をビジネスクラスや

国内線ファーストクラスをはじめから

予約したほうが、コストパフォーマンスがいいんじゃないかと

取得してから思うわけで・・・。

出張族や旅行しまくりな生活でない限り

修行で使うよりも、本当の旅行のときに

お金をつかったほうが、快適な旅行になると思います。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアしてくれたらうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

本業はマーケティングと事業再生(赤字立て直し)、新規事業立ち上げの仕事をしつつ、兼業でコピーライターをしています。これまでの数々の失敗と間違いを反省し、同じ過ちをしないように、自分への戒めを込めて、ブログを綴ります。