なぜ「イライラ」しているのですか?

10秒待ってください!

 イライラしてしかたない!なにか落ち着かない!本当に頭に来る!

 日々の生活の中で、「イラッ」とくることはたまにはあるでしょう。あなた自身がストレスと感じること。それはとてもよくないことです。

 「イライラ」するときを、振り返ってみましょう。まるで沸騰したお湯のように、頭から湯気が出ているに違いありません。

沸騰して頭から湯気がでてませんか?

 本当に湯気が見えるかは定かではありませんが、そんなイライラするとき、「10秒だけ」待ってください。

 10から1までカウントダウンするだけでいいんです。

10,9、9・・・

7、6、5・・・

4、3・・・

2、

1・・・

0(ゼロ)!!!

はい、どうですか?ちょっとはピークを過ぎたんじゃないですか?

カウントダウンをしたいま、この様子を「テレビを通して」見ていると思ってください。

喜怒哀楽の当事者から離れよう

 イライラの対象が、モノかもしれませんし、人かもしれません。

あるいはサービスやコトかもしれません。どんな対象でもよいですが、まずは「当事者から離れる」ことを心がけましょう。

 テレビの中を通して、その怒りやイライラを見ていると思って下さい。

 イライラは一体、何に対して起こっていたのでしょうか。

 怒りは、なぜ生まれたのでしょうか。

考えるほどに、小さな理由や、自分自身のこだわりが原因であったことに気づくはず。あなた自身が、相手やモノのせいで、機嫌を悪くし、ストレスと貯める必要はありません。

 テレビのように、イヤな番組であれば、チャンネルを変えるか、電源をオフにすればよいのです。

「怒り」は相手への「期待」と「現実」とのギャップ

 怒りの感情がなぜ生まれるか。それは「期待」と「現実」のギャップの幅が、そのエネルギー源といわれています。

 相手やモノに期待するほど、そのギャップは大きく、コントロールできないものに対し、期待値を設定してしまう。このことが「怒りやすく」なったり「イライラ」の原因なのです。

「しょーがない」に救われる

 自分では手を尽くせないことには、期待しない。決して、相手や他人に失望するという意味ではなく、「こうあるべき」という押し付けをしないこと。

 「やれやれ」という気持ちで毎度過ごせれば、怒りの感情にあなた自身が支配されることはないのです。

 いま、起こっていることをそのまま受け入れましょう。起きたその瞬間から、目の前の事実は「過去」になります。

 「未来」に向けて、前向きに歩むためにも、「イライラ」にとりつかれているほど、暇はないのです。

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアしてくれたらうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

本業はマーケティングと事業再生(赤字立て直し)、新規事業立ち上げの仕事をしつつ、兼業でコピーライターをしています。これまでの数々の失敗と間違いを反省し、同じ過ちをしないように、自分への戒めを込めて、ブログを綴ります。