「辞めたい」の本音は「やりたい!」でしょ?

「諦める」=策がない

はじめるときは、勢いあって、いろんな夢や目標を掲げ、取り組んだことでしょう。

  • 志望校に合格したい
  • 第一希望に就職したい
  • 資格試験に受かりたい
  • 昇進、昇給したい
  • 独立したい、副業したい

自分を変えるんだ‼️と、「一歩」踏み出したあなたは、エライ‼️

そして、いま、進んでいる真っ只中。

マラソンというスポーツは、ご存じかと思いますが、スタートは、皆一斉に号砲と共に飛び出す。

ゴールの競技場やメインストリートに入ってくれば、大歓声の中、トップでも最終走者でも、ゴールできる。

テープカットのゴールは華やか

つまり、はじめと終わりは華やかであり、間はものすごく単調なわけです。

これ、すべてのモノゴトに言えること。スタートしてからゴールまでの間、

マラソンでいえぱ、10km、20kmも、ただひたすらに進むしか、ゴールは目指せないのです。

単調、つまらない、諦めたくなる…

でも、途中の順位がどうであれ、諦めたら終わり。負け確定です。

それに、「辞めた」と「辞めたい」には大きな差があり、

「辞めた」=止まる

「辞めたい」= まだ、動いている

もう何もできることはないよ、と思いつつ、動いているのだから、可能性はゼロじゃない。

スタートやゴールのような華やかさはないですが、進んでいることは確か。歩むペースが落ちても、進めばよいのです。

「辞めない」人になろう

いや、ほんと今がつらい…そう思ったら、ペースを落とせばよいのです。

疲れたなら、エイドステーションで補給をすればよいのです。

給水の仕方やタイミングはあなたが決める

ちょっと立ち止まり、屈伸運動やストレッチをして走ってもよい。

走るのを辞めて、歩いてみてもよい。

動力やコースのズルをしないかぎり、マラソンの進みかたは自由。

スタートダッシュを決めたって、体力消耗して途中リタイアしたら、元も子もないのです。

だから、「辞めない」人になりましょう。何かあったら、ペースを落とす、立ち止まる、深呼吸する…なにしてもよいです。

辞めなければ、ゴールはやがてたどり着く。実力以上の力はありませんし、自分の実力と向き合いながら進むしかない。

自分を信じて、進むしかない

この気持ちをもつことこそが、「やる気スイッチ」そのものなのです。

苦しかったら、ペースを落としていい。でも、「辞めない」人になりましょう。

あなたは、必ずゴールできます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアしてくれたらうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

本業はマーケティングと事業再生(赤字立て直し)、新規事業立ち上げの仕事をしつつ、兼業でコピーライターをしています。これまでの数々の失敗と間違いを反省し、同じ過ちをしないように、自分への戒めを込めて、ブログを綴ります。