飛行機に乗れる人は、夢がかなう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

飛行機に乗るために必要なことは?

あなたは、飛行機にのったことはありますか?

はい、と言えるあなた。おめでとうございます。すでに夢をかなえる資格があります。

いいえ、の方。まだ大丈夫。次の旅行や移動手段に、飛行機を使ってください。それだけで、夢をかなえり資格があります。

夢をかなえるのに、飛行機??

目的地に向けて飛び立とう

そう疑問に思ったあなた、だまされたと思って、聞いてください。

それは、飛行機に乗ることは、夢実現に必要なあらゆることが詰まっているからなのです。

LCCなどバスのように、簡単に安く飛行機に乗れる時代になりましたが、それでも乗るためには「準備」が必要です。

例えば、受験生だとして、ある志望校に受かりたいと思っていて、それを飛行機に乗ることに当てはめれば、夢実現に必要なことが何か、明確に分かるのです。

旅行先について調べる=志望校に必要な勉強を知る

どの便に乗るか(出発地→目的地) を決める=志望校をきめる

必要なチケットを買う=受験の申込み

飛行機に乗る=受験する

着陸する=合格する

例えば、やみくもに机に向かうことは、寒い場所としらずに、Tシャツで風邪を引くようなものです。

志望校を決めずにいれば、いつまでもたっても実現しない「南の島にいきたいな」という思いだけで終わってしまうようなもの。

飛行機は行き先を決めたら、定められた日に、時間通りに乗って、目的地に向かうというもの。

チケットを買うところから、夢実現の一歩を踏み出しているのてす。

そして、途中、悪天候かあれば、飛行ルートを迂回したり、エンジンが止まるアクシデントがあれば、片方で飛んだり、一旦引き返して飛行機を乗りなおしたり…。

つまり、どんなトラブルにも冷静に対処し、目的地に向かうわけです。

飛行機と同じように、夢をかなえたいなら、次々起こる悩みや不安も、対処して、目的地に向かえばよいのです。

こうした夢実現に向けての一連の流れを体感できるのが、「飛行機に乗る」ということなのです。

夢をかなえる「山」を見つけよう

夢がかなう人と、かなわない人。この差は何だと思いますか?

「あの人は違うから…」そうやって、自分の可能性を否定してしまっては、かなうことは、より遠くなってしまうでしょう。

大事なことは、夢とは、「今すぐ」かなるのではなく、「今から」かなえるという姿勢を持つこと。

ひとそれぞれではありますが、時間をかけて、一歩ずつ進むことによって、実現に向けて近づいていくイメージです。

例えば、ノーベル賞を受賞した人だって、受賞式のわずか、1日で成果を得たわけではないのです。

華やかな授賞の後ろには膨大に費やした時間がある

これまで費やした、努力と経験と失敗の山の頂上に成果があるわけであり、ニュースで報じられた一瞬の背景には、運だけではない「積み重ね」があるのです。

 だから、あなたにとって価値があるのは、目標の実現しやすさや、登るのが楽な道を選ぶことではなく、「自分の山」を見つけること。

 実現までの時間は人それぞれですが、山を決めて一歩を進む。山も一つではない。いろんな山があっていいのです。

 そんな山を見つけられない人ほど、飛行機に乗って欲しいのです。空から見える日本列島の山々、大きいもの小さいもの、高いもの、低いもの・・・

 俯瞰(ふかん)して見える景色から、自分が陥っていた視野の狭さや、固定していた見方に気づくことができるでしょう。

 思い悩んでいる、行き詰まっているときこそ、考え方と見方を変えるため、空の上から見える景色を通して、人生に大切なことを気づいてほしいなと思います。

 さあ、(航空券の)チケットを買うところから、はじめよう!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアしてくれたらうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

本業はマーケティングと事業再生(赤字立て直し)、新規事業立ち上げの仕事をしつつ、兼業でコピーライターをしています。これまでの数々の失敗と間違いを反省し、同じ過ちをしないように、自分への戒めを込めて、ブログを綴ります。