一人旅や女子旅必見!海外旅行に行く!必需品に安全対策はペア持ち

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

卒業旅行や連休に海外旅行に出る人も多いはず。

うきうき気分で浮かれていると、

日本と治安の違う海外旅行では、

鴨にされてしまいますよ。

一人旅から女子旅まで、安全対策のために

必要な道具やポイントを確認しておきましょう。

海外旅行に必須な「おカネ」「Wi-Fi」「キレイ」の3つ

 海外旅行なら現地の通貨が必要ですが、

できるだけ現金は持ち歩きたくないもの。

というのも、

✅外貨に交換する際の手数料や為替リスク
✅強盗やスリに盗難されるリスク
✅貨幣価値がわからず、高価な買い物をしてしまうリスク

などあり、できる限り、「現金は最小化」するのが

安全に海外旅行のする上でのポイントだと思います。

ただし、現地では現金しか使えないこともあり

✅ローカルな飲食店での支払い
✅バスやトラム、タクシーなどの交通機関の支払い
✅チップがある国での少額支払い

は現地通貨が必要なため、交換レートはどこがよいのか

比較と検討が難しければ、

「クレジットカードの海外キャッシング」一択です。

手数料率は驚くほど安いです。

例えば、楽天カードの例ですが、

日本円30,000円分を韓国ウォンへ替えたい場合の
両替手数料と海外キャッシングの利息を比較すると

両替手数料
(日本の銀行・空港)
海外キャッシングのお利息
(ATM手数料含む)
香港ドル 5,104円 どこでも1,063円
タイバーツ 3,988円 どこでも1,063円

 使用するクレジット会社のマークのあるATMであれば、

基本的にどこで利用してもOKですから、

念の為、スキミングや不正改造されていないリスクを考えて

空港や百貨店などの監視カメラが

つけられているきれいなATMを使ったほうが

よいでしょう。

必要な金額は、

「空港についたら、1万円相当」

をATMでキャッシングしておけば、事足りると

思います。

ただし、ATMでのキャッシングが、高額紙幣である

場合が多いため、券種を細かくしたいなら、

「空港でキャッシング」→「空港内売店でドリンク購入」

がよいでしょう。

これで、水分ゲットして、お釣りで細かくなるはず

なので、海外旅行のスタートとしては、

問題ないでしょう。

クレジットカードは2種類以上持っておいてね

 クレジットカードは、日本では

当たり前に使えていますが、

海外では店舗によって、系列が異なり

「使えないブランド」なんかが

存在したりします。

例えば、VISAは使えるのに、AMEXは使えないとか

マスターカードしか使えないとか、

だいぶ解消はされつつも、国や商業施設によっては

異なる場合があったりします。

こんなときに「支払いができない!」とならぬように

クレジットのブランドは「2種類以上」をペアで

持っておくことをオススメします。

また、同じブランドを2枚もっているのならば、

1枚は財布に、1枚は別のところにしまうなど、

ワケておくことで、万が一盗難された場合に

替えを持っておくのは、治安対策としては

有効といえるでしょう。

また、タクシー移動は、アジア圏では圧倒的に

GRAB(グラブ)が強く、

支払いがアプリ内のクレジットで済む上に、

✅価格交渉がいらない
✅出発と目的地を選ぶので、会話無しにいける
✅乗車ルートはGPS履歴されており、安心
✅明細はメールですぐ飛んでくる
✅いいドライバーは評価&チップも降車時に追加できる

などなど、便利なことがいっぱい。

移動手段がなくて、現地でホテルに缶詰なんて

もったいないですよ!

タクシーアプリは出発前に入れておきましょう。

これらを踏まえて、現金の扱いについては、

✅現地通貨を海外キャッシングで手にする
✅クレジットカードは2種類持ち
✅GRAB(タクシーアプリ)が使える国は積極的に使う

 ということで、現金利用リスクとコストを最小化

させて、楽しい旅ができるようにしたいですね。

ネットがなければ動けない!Free Wi-Fi繋がらないよ

 空港や商業施設でも普通になってきた、

Free Wi-Fiですが、無料ってことは、それだけ

誰でも気軽に使えるわけです。

そうすると、どうなるか。

回線が混み合って、速度が低下したり、

無論、セキュリティについても簡易的な

形ですから、場合によっては、

自分の端末の通信が誰かに見られている

ということも

起こりうるかもしれません。

また、海外ローミングで、携帯やスマホの

ローミング契約を利用することもありますが、

通信が詳しくないと、正しく設定されたか

確認できないため、従量制で使い込んでおり

帰国して高額請求で初めて気づく、といった場合も

あったりします。

「通信環境や設定に不安」があるなら、
日本からWi-Fi環境は確保していったほうが

よいでしょう。

なにより、現地空港ついてから、

すぐに国内環境と同じように、ルータに繋ぐだけで

いつもと変わらぬ通信ができるんですから、

SIMを入れ替えたりする手間もなく、

安心感が違います。

選択するときは、1日の価格も目に付きますが、

✅空港での受け取り、返却が用意
(専用カウンターがあるか)
✅通信速度の安定した口コミがあるか

あたりを参考にするとよいと思います。

GOLOBAL WiFi

キレイにするためのティッシュと衛生用品は持参

 日本で何かを食べるときより、衛生的には

肝要な諸外国の食文化。

テーブルが汚れていたり、国によっては

食器を洗う水が再利用されており、

生野菜や生モノよりも、食器や皿が食中毒の

感染源である場合も。

そんなとき、さっと拭き取り、衛生状態を

保てるのが「濡れティッシュ」や「アルコールティッシュ」

です。まとめ買いがよいですが、1パックあたりが

少ないほうが、携帯性があってよいので、

枚数が少ないものを選びましょう。

これをもっているだけで、安心感が違います。

また、東南アジアの辛い食べ物や、

油っぽいものがあっても、さっと手を自分で

拭ければ、快適な旅行を続けることができます。

そして、以外と役立つのが

「水に流せるポケットティッシュ」

です。

海外でトイレに入ったとき、

「紙がない!」「紙が少ない!」

なんてときにあわてず用がたせます。

普段の災害備蓄品としても、活用できる

ので、まとめて確保しておいて、

旅行で消費していけば、最近話題の

備えながら、利用していく

「ローリングストック」にもなるので、

コストセーブも可能でしょう。

無駄な買い物ベスト1位はあれを入れるモノ

 たくさん種類がありますが、買うのをオススメ

できないのは、

「パスポート入れ」です。

まず、これ都度出入国の際に

出し入れしなきゃいけないので、

「非常に面倒くさく」

なります。

✅空港でのチェックイン時に外す必要
✅出国時の通過ゲートで外す必要
✅出発ゲートでの確認時に外す必要

に加えて、

✅到着空港の入国審査で外す必要

の4回も片道の行程でカバーを外さなければ

いけないことになります。

ほんと、なんのためにあのカバーがあるのか、

不思議でしかた無いです。

かわいいケースに入れて持ち歩きたい!というなら

止めることもありませんが、

「実用性」の観点では、

パスポートカバーは不要

です。

国内かばん業界シェアNo.1 エース直営のスーツケースレンタル【エースサービスオンラインストア】

出国前に「たびレジ」登録忘れないで!

 「たびレジ」とは、外務省が行っている

安全情報サービスの名称で、海外旅行や赴任に際して

個人の情報を登録しておくと、

必要に応じて「安全に関する情報」

「避難・退避に関する情報」が流れてくる

国のサービスです。

この投稿をInstagramで見る

たびレジ 再登録 * * * 最近の電球工場火事や水汚染騒動で大使館からのメールが来ていなかったので、たびレジに再登録しました。 * https://www.ezairyu.mofa.go.jp/ または「たびレジ」で検索 * 在留届を出している人は、その時届けたメールアドレスに犯罪情報や緊急情報のメールが来ますが、あとからたびレジでメールアドレスを追加することも可能です。以前は入力が煩雑でしたが、一昨年辺りから項目少なくなってカンタンになっているので、「配偶者のメールアドレスで受信しているが、転送が面倒なので自分でも受け取りたい」という場合は自分で登録しておくと便利です。 * 滞在国以外の安全情報メールもチェックを増やすだけ、近隣国に旅行に行く場合は旅行期間を登録しておくと滞在中のみ受け取るという使い方もできます。 * スマホからも簡単に登録できるので、オススメです。 * #外務省 #たびレジ #海外旅行 #海外生活 #ハノイ生活 #vietnam #hanoi #ベトナム#ハノイ #海外安全情報メール

hanauta(@hanautahanoi)がシェアした投稿 –

 最近、中国の武漢を中心にコロナウイルスの

発症、感染拡大で、多くの人が不安になったり、

避難経路の確保に苦労しているじゃないですか。

こういうときに、個人旅行でも、ツアーでも

「たびレジ」の登録さえしておけば、

あの武漢からの帰国チャーター便なんかに関する情報

も連絡も可能になるというわけです。

通常だと

「国→旅行会社・航空会社へ紹介→リストの提供→個人へ連絡」

となり、途中を経由するので、

例えば、テロや感染症などの急を要するときには

時間がかかります。

でも、自分で登録しておけば

「国→個人へ連絡」

が可能となるので、いち早く、

退避勧告や危険に関する情報を得られる

というわけです。

海外旅行保険のような安心感を得られる

国が行っている、無料の登録サービスですから、

必ず登録を事前にしておきましょうね。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアしてくれたらうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

本業はマーケティングと事業再生(赤字立て直し)、新規事業立ち上げの仕事をしつつ、兼業でコピーライターをしています。これまでの数々の失敗と間違いを反省し、同じ過ちをしないように、自分への戒めを込めて、ブログを綴ります。