三日坊主を脱出する魔法の飲み物

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三日坊主はマジで怖い

いやー、計画を決めたときは、「絶対にやるぞ!」と覚悟していたんですけどねぇ…。

そうやって、多くの人が、三日坊主に悩まされています。やる気はあるのに続かない。

つまり、習慣化しないのはなぜか。内心はやろうとしてるのに、「行動」につながらない。

そんなあなたに大切なのは、「やる気スイッチ」

でも、それはあなたの内心にあるわけではなく、「行動」が結果としてスイッチになるという話です。

簡単な行動が習慣化する

毎日のように続いている行動は、どんなものがあるでしょう。

何も深く頭で考える必要もなく、行動の意味さえ考えなくてよいものです。

例えば、次のようなことはしていませんか?

  • トイレにいく
  • お風呂に入る
  • テレビのスイッチをいれる
  • カーテンを開ける
  • 電気をつける
  • ごはんを食べる
  • コーヒー、紅茶を飲む
  • 服を選ぶ
  • 鏡を見る
  • 化粧をする

こんな単純なことでいいんです。単純で毎日やることの「あと」に、続けたい行動を組み合わせるのです。

例えば、

「トイレにいったら、暗記を五個する」

「電気をつけたら、音読を一回する」

「カーテンを開けたら、腕立て伏せ五回する」

やる気スイッチは、行動から

組み合わせる行動は、曖昧ではなく、具体的で、かつ回数などのハードルも低くしておく必要があります。

この目的は、まず「習慣化」すること。ちょっとでも面倒だなとか、難しいと感じてしまえば、やらない理由を作ってしまいます。

簡単であることは、とても重要です。

コーヒーは習慣化しやすい

コーヒーを飲むことは、難しくはないもの。しかも、家だけでなく、外出したときは、カフェや自動販売機でも買えるため、場所を問わず習慣化するスイッチにすることができます。

コーヒーは、酸味と苦味をもつ

コーヒーの味は、酸味と苦味のバランスが豆の品種やブレンド、抽出方法によって様々。

でも、この酸味と苦味が、習慣化になるポイント!味には五種類あるといわれる「五味」のうち、

酸味→腐敗の象徴

苦味→薬の象徴

とされているため、生まれ持っては「避ける」ようにされている味。

それを、飲んだり食べたりして、「うん、これは食べてもよいものだ」と学習するから、「食べられる(飲める)」ようになるものなのです。

したがって、好きな味(ブラックやカフェラテなど)が決まれば、習慣として好ましく飲むようになるため、

好きなこと+やりたい習慣

を組み合わせることは、継続をサポートしやすいわけです。しかも、カフェインは若干の中毒症になりやすい物質であり、やみつきになっていくのです。

苦味があることで、習慣となり、習慣化したい行動のスイッチ(きっかけ)となる。

お気に入りのコーヒーと、コツコツ続けたい行動が一緒になれば、三日坊主からは卒業です。

こうして今までと違った行動になることを「行動変容」と専門的には言いますが、変われた自分が報酬となって、あらゆるものを変えていきたい意志にもなるため、まるで魔法がかかったように、あらゆることが好転していくことでしょう!

あなたも、コーヒーの魔法を自分自身にかけてみては?

モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアしてくれたらうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

本業はマーケティングと事業再生(赤字立て直し)、新規事業立ち上げの仕事をしつつ、兼業でコピーライターをしています。これまでの数々の失敗と間違いを反省し、同じ過ちをしないように、自分への戒めを込めて、ブログを綴ります。