やる気スイッチはどこにある?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

取りかかるまでが遅い

何かやらなきゃいけないことがあるのに、なかなかスタートできない。集中すれば、やれるだろうと見始めたネットに夢中で、なかなかやれない…。

人生そんなものです。みんなあれこれ迷いながら、「やらなきゃいけないこと」に取り組んでいます。

  • はやくおわらにいかなぁ。
  • YouTube面白くて止まらない
  • ゲームの続きが気になって…
  • なんか…だるいし…
  • お腹空いたなぁ…

そんな気分で物事進まないことがありますよね。いや、誰でもあると思うんです。いまだに私も、

サボりたいなぁ… なんて思うもの (○つを風)

それでも「やる」からこそ結果がでるわけだし、「やらなきゃ」信用も得られない訳です。

絡まりすぎた電線はまるで頭のなかの混乱のよう

あれもあるし、これもあるし、あぁーやる気スイッチあればなぁ‼️ とは誰もが願うこと。

でもね、やる気スイッチって、どこ探してもないんです。

単純反復作業が集中をもたらす

じゃあ、どうやってとりかかるか。たいていの場合、やることの大きさと複雑さ、量を考えてしまい、

どうせやったって、おわらねぇよ…

先が見えない…

何か始めたら…

と、呆然としてしまってる場合が多いのです。

世界一周という計画を立てたって、近所の駅まで歩くのだって、どちらも一歩からはじまるのです。ただ、その積み重ねと量が違うというだけ…。

つまり、やる気は「スイッチ」ではなく、「状態」でしかなく、探しても、待っていても、やる気スイッチは見つからないのです。

まず、走り始めること

だから、全体をみてあきらめたり、悲観する必要はありません。あなたが、やる気がでない、のは、チャレンジする正常な反応。

むしろ、そんな気分にさえならないものは、日常生活で歯を磨いたり、喉が渇いて水を飲むぐらいの当たり前のことなのです。

「やる気」の状態にするにはどうしたらよいか。それは、単純で、反復するようなことにまずとりかかること。

パズルやクロスワードのようなものでもよいですし、受験であれば、英単語や漢字の書き取り、知恵の輪でもよいですし、家事であれば洗濯ものを干すなど…。

身体が動くことで、脳への血流がふえ、やる気や活気に影響するといわれる、活力が出てくるといわれています。(老化して筋肉量が減ると、物事おっくうになるのは、ちゃんと理由があったのですね)

五分でも、続けていれば、「やる気」の「状態」に突入します。まずは、頭を使わずに手足を動かすこと。

「やる気」がない状態を、否定ばかりしていると、自信さえなくなってしまいますからね。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアしてくれたらうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

本業はマーケティングと事業再生(赤字立て直し)、新規事業立ち上げの仕事をしつつ、兼業でコピーライターをしています。これまでの数々の失敗と間違いを反省し、同じ過ちをしないように、自分への戒めを込めて、ブログを綴ります。